読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三日坊主の備忘録

病気のこと、生活のこと、気づいたことなど、日々の記憶に

漏れて思う基本は大事

 訪問ありがとうございます

f:id:kithe:20160424115311j:plain

先日のちょっとしたトラブル(ストーマからの漏れ)ですが

その後で思ったことがありました

 

トイレでの処理とかパウチの交換とかそれなりに慣れてきて

まだまだ初心者で技術とかないのに

大丈夫なもんじゃんと思う根拠のない自信とともに

こういう時が危ないんだよ、と

何かやっちゃったりするんじゃないかなっていう不安

だから、油断しないでいないと、と思ってたつもりなんですが

 

病院でのストーマ装具の交換の時に看護師さんに

ストーマの周りは特にしっかり付くようにしておかないと

ここがしっかりしたら大丈夫」

 と言われて、ストーマ周りの淵のあたりをぎゅうぎゅうと押されていました

それで、最初は確かにぎゅうぎゅう押してたんですが

なんとなくそれが緩くなっていったのは自分でも感じてたことでした

ぎゅうぎゅう押すと、肌を痛めちゃうんじゃないかなあって

なんとなく思うところもあったのでできればしたくなかったんです

それで何も起こらないと

そんなにぎゅうぎゅう押さなくても大丈夫じゃないってなっていて

 

でも、やっぱ、押さえが弱かったから面板の下に潜り込んじゃったのかなと

潜り込みがあると接してた肌が真っ赤になっちゃうんですよね

肌を痛めたくないと思ってしていたことが

かえって痛める結果に

 

やっぱり、看護師さんが言ってたことは守らないとだめなんだわ

覚えているうちに書き記しておこう

ストーマの周りはぎゅうぎゅう押してしっかり貼り付けよう

 

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

 クリックしていただけると嬉しいです